Herb
Herb
クロモジ

クロモジ

 
科名: クスノキ科
別名: ジシャ
生薬名:チュウショウ(釣樟)
原産: 日本 中国
学名: Lindera umbellata
 
 
 
クスノキ科の落葉低木。枝を高級楊枝の材料とし、楊枝自体も黒文字と呼ばれる。
香料の黒文字油がとれる。
 
本州、四国、九州などの低山や疎林の斜面に分布する。
茎は高さ5メートル程度まで成長する。若枝ははじめ毛があるが次第になくなり、
緑色のすべすべした肌に、次第に黒い斑紋がでることが多い。古くなると次第にざらついた灰色の樹皮に覆われる。
 
葉は洋紙質で楕円形、深緑でつやはない。葉裏はやや白っぽい。
 
雌雄異株。花は黄緑色で、春に葉が出るのと同じ頃、葉脇から出た散形花序に咲き、雄花には9本の雄蕊、雌花には子房がある。
果実は液果で10月頃に黒熟する。葉や枝には芳香がある。
 
 
 
●歴史
クロモジは日本で多数の地域に分布する植物で、クロモジ(黒文字)という名前がついた由来にはいくつか説がありますが、
緑色をした樹皮に黒い斑点があり、その斑点がまるで文字が並んでいるように見えたことから
黒文字と呼ばれるようになったというのが一般的に知られています。
 
現代でもクロモジから作られた高級爪楊枝は、和菓子や料亭などで添えられて愛用されていますが、
その歴史は古く、江戸時代から作られています。
 
爪楊枝はもともと歯垢を取り除き、清潔を保つために使われた仏家の具で、
楊枝の名の由来となった楊(やなぎ)を材料としていました。
爪楊枝の「爪」は爪先の代わりに使うものを指し物の先端が源語となっています。
次第にクロモジの枝で作った爪楊枝の事を黒文字と呼ぶようになりました。
 
楊枝クロモジの樹皮には芳香性のある精油成分が含まれていて、精油成分の中には殺菌効果もあり衛生的にも良いということから、
樹皮を付けたままのクロモジの枝を爪楊枝に加工し重用してきました。
またクロモジの材は軽く緻密なので、洋傘の柄にも利用されていたようです。
 
 
 
●香りの特徴
枝葉を蒸留することでとれる黒文字精油は、テルピネオールやリモネンなどを含有する。
ウッディー調で森林を思わせる爽やかさに加え、ほのかに甘いフローラルの混ざったような香りが特徴的です。
昔から石鹸や香水、化粧品の香料として使われてきた大変人気のある香りです。
 
枝(烏樟)や根(釣樟)を薬用にもする(養命酒など)。
 
クロモジの葉の煎じ汁が腹によいという風習が、長野県阿智村や喬木村にある。
 
 
・主要成分
西洋のローズウッドと同じ鎮静・抗菌・抗ウィルスなどに有効な「リナロール」、「ゲラニオール」が多く含まれています。
「リナロール」は深い癒しをもたらし活力を与えてくれるその香りと成分により高いリラックス効果が期待できるため、
不眠症の解消にも役立ちます。
のど飴によく使用される成分「シネオール」を含んでおり、風邪の予防や喉のケアにも効果的です。
 
枝部/ゲラニルアセテート リナロール ゲラニオール 1.8シネオール リモネン α-テルピネオール
葉部/1.8-シネオール リモネン α-ピネン α-テルピネオール
 
 
 
クロモジ精油は樹木系で「ミドルノート」に分類されます。
ミドルノートの香りは3〜4時間ほど持続し、ブレンドの中心的な軸となり深みを与える大切な役割を果たす香りとなります。
クロモジ精油には鎮静作用があり、リラックスをサポートしてくれる効果が期待できます。
 
 
 
●クロモジ精油の禁忌事項
敏感肌の方、妊娠中・授乳中の方は、使用を避けてください。原液を直接肌に使用することは控えましょう。
 
 
 
●活用
チンキ/枝と葉の部分をアルコール(ウォッカやホワイトリカー)に約1か月浸ける。
   お湯などで割って飲んだり、化粧水やミツロウクリーム作りなどにも。
 
芳香蒸留水・精油/満月の日に採油率が一番良いとされているそうです。
 
薬草酒/日本酒の1/4くらいのクロモジの枝を細かく刻み、3日ほど浸ける。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
share this article
Google+
Return to List