一緒に靴を磨かないか
一緒に靴を磨かないか
ちゃんとした靴を履こうと思う

ちゃんとした靴を履こうと思う

いつも明るく元気!という言葉がピッタリな
渡辺さまをお迎えします

今回、靴磨きに来ていただいたのですが
渡辺さまのトークははずみに弾み、
話は宮島までとびまくり

あやうく、
『ぜひ!宮島へ』という原稿になるかと思いました

とはいえ、
話を聞いたあと、
ものすごく宮島へ行きたくなりました

宮島へ旅行で来られたお客様へは、
渡辺さんを紹介したいくらいです
その時は、ぜひ
穴場へ連れて行ってもらってくださいね


忘れてはいけない。。

ここで
本題ですが

靴は沢山お持ちの渡辺様ですが
今回は仕事で履かれることの多い NUの靴と
object in mirrorの靴2足をお持ちいただきました。

出勤前のルーティーンは、、、

『毎朝、布で拭いて出かけます』

渡辺さまは
靴は、出掛ける前に、
簡単な布なんですけど マイクロファイバーみたいな布を
玄関に置いといて
シャシャットと拭いて出かけているとのこと。

靴のデザイナーさんがイベントで来れた際に 話をかがってから
キレイにしようと思いました
一度、
仕事ではなく この靴で
宮島へ行ったことがあったんですよ!と。

そしてら、その日が雪が降って。

雪が降って風情があるねって言うよりも
この靴で、泥道とか歩かんといけんくなると思うと
そっちの方が気になってしまって。。

一緒に行った友達に 『ねぇねぇ、お茶にする?』

ちょっと風邪引いてもいけんしねぇ〜とか行って

なるべく歩かなくていいように 休憩したことがあるんですよ
と笑顔で話されてました

また違うときに宮島へ履いて出かけたとき のこと。

宮島って、
結構歩くので、
歩きやすい靴で行きたいと思って、この靴を履いて行って。

全然疲れなかった〜(~_~)

しかも 履くときの あの 一回、
真空になったような感じ
わかります??

あの、シュッとした感じ 全部の空気が持っていかれるような・・・
シュッで、
何か気合が入るというか
あの感じがたまらないんですよ

『これ、履いてますけど私!みたいな!』

鼻高々に
アピールしたい気持ちになります(笑)

heelandtoe——————————————————————————–

わかります!わかります!!

深めでぴったりした革靴に足を入れた時の あの、シュッという音 、私も大好きです
たまらないですよね。

つい、何回もやってしまいたくなる あの優越感のある音。

心の中でお〜〜っと思ってしまいます。

旅行に行って、突然の雨や雪が降ってきてしまった時
靴、どうしよう、、 って思っていただけるほど
大切に思われている気持ちが 話をしてて伝わってきました

そんな時の休憩もいいと思います!

私もそんな時には、ずるがしこく
休憩してみます〜(笑)

——————————————————————————————

 

 

仕事柄、お客様のところへ出向くことのある
渡辺さまは、

『ちゃんとした靴を履こうと思う』

先日、お客様の所へ行ったときに

靴好きの女医さんが『 かわいいね〜』と、
言ってくださったんですよ。

そして、
もっとその前はobjectoの靴を履いて
仕事でクライアントさんを訪ねた時
(そこは靴を脱いで靴箱に入れる所だったのですけど、)

たまたま、そこの社長さんがいらしゃって

『いい靴履いとるねー』 って言っていただけて 、嬉しかったです。

とても身なりを気にされる方で
そんな社長さんに、褒めていただけたのが
とても嬉しかったんですよ

色々とこだわりも強い方なので、

靴や洋服、髪型など、、、
あと名刺の紙質とか字体とかまで、
こだわっていらっしゃって、

そんな話題が、
経営者同士の間での会話になってるみたいです

やっぱり会社の役員クラスになると
すごいなぁと思うんですよ。、
私はそんなこだわらないなぁ。。。と思いつつ
話を聞いてたんですけどね(笑)

heelandtoe——————————————————————————–

仕事柄とはいえ、 いい靴を履いて、キレイにしておこうという気持ちが
すごく素敵です

渡辺さんは、休日の普段着のときも カジュアルファッションでも
キレイにしていらっしゃるので、

普段から、気を付けていらっしゃるからこそ、
仕事でも自然とその姿があわられるのでしょうね

女の鏡ですね!素敵です!

私も、 気を抜かないように、 気をつけます〜
(いや、もう遅い?)

お仕事帰りに寄られる際に かっこいい自転車で颯爽と来られるのですが、

自転車のスタンドを蹴るときに 右足の
踵あたりでカーーンと蹴った部分に キズがついたりして

『はーーーーーーっっっ』となるっという話を聞きました。

以前、キズの部分何とかなりますか???っと
靴を 持って来られたこともありましたね。

キズというか、黒っぽくなってただけだったので 消しゴムで落ちて、
復活し良かったです そういった所も、

きちんとしていらっしゃって素敵だと感じました

普段からが習慣になっているのも大事なことですね。


 

 

 

 

 

そんなこんなを踏まえた渡辺さまは

なんと!!

『振り子の原理で歩く』

歩くとき靴がくるぶしに当たって 青じ(青たん) ができませんか??と。

何で、 ココとココで当たって
自分を傷つけんといけんのか、、
と思ったけど

重たいから自分の足だけで歩こうとしたり
かかとをすり減らさないように歩こうとしたり
楽な歩き方 をしようと思っって 振り子の原理で歩こうと思ったんですよ

姿勢が悪いと変に減るし 姿勢を悪くして歩くと
次の日すごく疲れるから
気をつけてます

なるべく かかとから落として歩く でないと、 腰とか痛くなるしねぇ

あっ

腰が!

腰がぁ!

腰がぁーー!(イテテ)って。

体幹がないもんでぇ

体幹があればキレイに歩けるって 聞いたもんで。

heelandtoe——————————————————————————–

この話を聞いていた
オーナーが すごいっと絶賛していました

振り子で歩くとか そんなこと自分で気付けるなんてすごいよねっと。

靴を守りながら、
自分流にいかに歩きやすい方法を生み出すなんて さすがだと私も思いました

そこまで気にして履いていただけるほど 靴を大切に思われるなんて、嬉しすぎます

感動をありがとう〜!!

販売後の私の知らない世界へ 飛び立つ靴たち

履かれる人によって 大切にされて、

旅行にも連れて行ってもらったりとか こうやって
ご主人さまの元で 愛されてご主人さまに寄り添って 育っていくんだなぁと感じます

いいご主人さまと出会えて良かったねと 靴に言ってあげたいです。

——————————————————————————————

〜番外編〜

冒頭にも書きましたが
ここで
渡辺さま宮島談を少々紹介します

 

 

渡辺さまは、宮島に社員旅行で行かれ
観光協会の方が一人ついてくださり 宮島を案内してもらったそうです

案内の方に
『どこから来られたんですか?』
と聞かれ

『中区からです・・・・』

心の中で
え〜え〜広島から来ました(つぶやき)

ってことで。。

観光協会の方
『広島からだったら、しゃもじとか、そういう話しとかはなくていいですね!!』っと言って

だからといって
しゃもじ分時間短縮されることはなく

4時間半歩きっぱなしで 色々詳しく教えていただいたそうです

宮島は厳島神社や大鳥居などなどあるのですが その中でも、行ったことのなかった

大聖院(宮島で最古の寺院)の境内を案内されたそうです

そのひとつに 遍照窟(へんじょうくつ)

《四国八十八ヶ所の本尊が安置されているそうで
各四国八十八ヶ所霊場の砂が埋めてあり お砂踏みをすると、
四国霊巡りをするのと 同じ御利益があるそうです》

と あと、 お戒壇めぐり

本堂真下の真っ暗な回廊を巡り とにかく真っ暗で何もみえない、、、

この暗闇の世界を静かに進むことで これまでの
自分を省みて 積み重ねた罪を取り除くための
精神修養の道場でもあるそうなのですが

あまりに暗闇で怖かったそうです

悪いことをした子が
一回ぐるりと回りなさいっと いわれるぐらい
お仕置き部屋のような
効果がえられるような そんな場所だったそうです

広島に居たら 宮島とか教えてもらいながら観光とかないので へぇ〜ばっかりで、面白かったそうです

案内の方のおかげで

詳しく知れることが出来て とても良かったという
話しを聞かせていただきました

食べ物では

はやしの牡蠣 

岩惣カキ氷(季節限定)

他、美味しい店が色々あるそうですが 店の名前が不明でした。。

宮島へ行かれた際はぜひ!と渡辺さまオススメでした。

以外に近いとあまり行かないので
こうやって話を聞くことで
知れることばかりなので、
たまには観光客気分で宮島へ行ってみようと思いました

まぁ何はともあれ、
とりあえず
靴磨きも進んでよかったと思うのでした

終わり。

share this article
Google+
Return to List